ジャンベはアフリカ楽器

ジェンベ(Djembe)


  日本ではジェンベという名が広く知れ渡っていますが、ジャンベジンベとも言われています。



  「ジェンベ」は西アフリカ伝統太鼓で、トゥエネボアと呼ばれる硬木にヤギ革
を貼って作られた楽器です。西アフリカのコートジボアール、ガーナ、マリ共和国、セネガル、ギニア等が有名です。

 演奏の仕方は、手でドラムを叩きます。


 はたくような音とトーン、ベースの3種類の音を出します。
 ソロにも、他の楽器との合奏にも使われます。


 ジェンベのメイン奏者は「ジェンベフォラ」と呼ばれています。アフリカの音楽をこよなく愛する人に、かなり支持されている楽器ですね。



  最近では、各地でアフリカ音楽を練習するサークルが出来てきましたね。



  でも、その楽器を探すとなるとけっこう大変。
  何せ、普通の楽器店では先ず見つけることができないからです。

 

               
                ジェンベ・ドラム


  こちらはフェアトレード商品です。




  フェアトレードとは?  


  フェアトレードとは、モノを作った人に適正な賃金を支払い、彼・彼女たちの生活向上を支援するシステムです。買い物を通じてできる、一番身近な海外協力なのです。





  ジェンベは西アフリカが起源ですが、インドネシアでもジェンベが作られています。

  こちらは、手軽なお値段で始められるジェンベの紹介です。


                
              インドネシア”ジェンペ



   最後にジャンベを習う人に最適な本を紹介します。


  これには、ママディ・ケイタとウシ・ビルマイヤーが約60の伝統的なマリンケのリズム、及び現代の代表的なリズムの民族的な意味を解説しています。

  また、それぞれのリズムを練習するにあたっては、二人からの実践的で明確なアドバイスが書かれていますので、練習にも最適です。


               
               ママディ・ケイタ 〜ジェンベ



   もう一つは、アフリカの音楽を理解する為のもの。やはり由来を知らずに、本物の音は出せません!


                
           アフリカの智慧、癒しの音--ヒーリング・ドラム





posted by ジェンベ at 06:45 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。